要求咆哮

しつけ教材のようなものは「吠えるペットをどうやって矯正するのか」のような方法論だけに目を向けています。

ただし、犬が吠える元凶が残っているんだったら、しつけもうまく行きません。

飼い主として、子犬には甘やかしすぎず、ペットのルールを完全な形で習得させることは、かなり重要ですね。

我が同志よ、諦めることなく的確にしつけましょう。

愛犬をしつけたければ、吠えるそして噛む行動は、誰に対してなぜそんなことをするかを考えたうえで、「吠えるのはダメな事」「噛む行為は許さない」という風にしつけることが大切だと思います。

犬の無駄吠えについては、文字通り吠えるべきじゃない際に吠えること、主人が吠えてほしいとは思っていない場合に吠える行為ですから、絶対になくしたいです。→犬騒ぐしつけ

子犬であれば、何かを求める「要求咆哮」が大半と言えます。

でも、過度ともいえるしつけを実践すると、「威嚇咆哮」になってしまうことも可能性としてあります。

気をつけてください、我が友よ。

普通、歯が生え変わっていく頃の子犬は、非常に元気いっぱいみたいです。

そんな期間に適切にしつけなどをするのがベストです。

しつけを行う際の注意ですが、とにかくポメラニアンを力づくで叱っては危険です。

怖がって、自分の心を閉ざしてしまうように成長する可能性があるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です